自分のペース

通信教育のメリット、そしてデメリットでもあるのが「いつでも好きな時に勉強をしていい」ということです。
塾だと決められた時間に、授業が始まりそして終わりますよね?
そのおかげで、自然と生活の中に勉強をする時間ができます。
そしてマンツーマンで行う授業でない限り、周りの子と一緒に授業を受けることになります。
他の子のレベルがある程度わかり、刺激につながるというわけです。
いいことばかりのように思えますがここには大きな落とし穴があります。

まず、自分で勉強をする力がなかなか身につかないということ。
学校と同じような感覚で塾に行くような子がほとんだと思います。
先生の話を聞いて、与えられた宿題をこなす・・・一時的に成績は伸びたとしても自分でスケジュールを組む力、自ら動く力が身につかないので塾を辞めた瞬間、どうしたらいいのかわからなくなってしまうのです。
通信教育だとどの時間帯にどのペースで勉強をするのかというリズムを自分自身で作ることができます。
大学生や社会人になると、自分のリズムは自分で作る必要がありますよね?
通信教育をすることで自然とその力が身につくのです。